即日お金借りる時におすすめのカードローンランキング

MENU

お金借りる時はおすすめカードローンランキングをまず確認!

消費者金融ランキング

即日にお金借りる時は大手消費者金融が最適です。
金利重視でお金借りるなら銀行カードローンがおすすめです。
急いでお金を借りたい場合は申し込みをスムースに行うということが、即日に借入する重要なポイントになります!

お金借りる方法《MENU》
  1. 即日お金借りるなら大手消費者金融ランキング
  2. 【即日】お金借りたい時
  3. 【平日15時】過ぎてもお金借りたい時
  4. 【内緒】でお金借りたい時
  5. 【土日】でもお金借りたい時
  6. 【最低返済額】でお金借りたい時
  7. 【カードレス】でお金借りたい時

即日お金借りるなら大手消費者金融ランキング

プロミス

ランキング1位

実質年率 4.5%~17.8%
利用限度額 500万円まで
審査時間 最短30分
特徴 最短1時間融資で急ぎの時に助かる!
ATM自動契約機設置台数No1<夜・土日祝もOK!>
女性にはプロミスレディースもあります!

モビット

ランキング2位

実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
審査時間 10秒簡易審査
特徴 [10秒簡易審査]即日審査・即日融資のサービス
[WEB完結申込]バレない秘密重視のサービス

※審査結果でご希望に沿えないこともございます。

アイフル

アイフル

実質年率 4.5%~18.0%
利用限度額 500万円以内
審査時間 最短30分
特徴 アイフルならだれにも知られずにカードを受け取れる!
30日間利息0円サービスも実施中!

アコム

ランキング3位

実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
審査時間 最短30分
特徴 即日融資は最短1時間で借入も可能です!
30日間金利0円サービスも実施中!

消費者金融カードローンで【即日】」お金借りる方法

お金借りる,おすすめ,ランキング

即日でお金借りる必要があるときは、銀行カードローンではなく消費者金融に申し込むのがおすすめです。
なぜなら、一般的には消費者金融のほうが審査が早く終了するからです。
そのため、当日中のカード受取りがしやすくなっています。

 

ただし、消費者金融が選べるかどうかは、希望する金額、あなたの年収にもよります。
まずは、消費者金融のカードローン特徴について理解しておくようにしましょう。

銀行カードローンと消費者金融の違いについて

お金借りる,おすすめ,ランキング

消費者金融の審査にかかる時間が短いと説明しましたが、銀行と消費者金融の違いは、審査時間だけではありません。
消費者金融は、貸金業法の規制の中でサービスを提供していますので、

  • 貸付できる上限額(総量規制)
  • 収入証明書を提出するタイミング
  • 提携ATMを利用した場合の手数料

などが法律によって決められています。

 

まず消費者金融のカードローンに申込むためには、総量規制の範囲内である「年収の3分の1以下」の希望額でなければなりません。
年収の3分の1を超える融資は、銀行のカードローンでなければできないという点に気をつけるようにしてください。

 

また消費者金融を利用する場合は、下記のいずれかの場合は自分の年収を証明する書類(収入証明書類)の提出が必要です。

  1. 希望する金額が50万円を超えているとき
  2. 他の消費者金融との借入残高の合計額が100万円を超える場合

 

他にも提携ATMの手数料などの違いもありますが、まずは総量規制と収入証明書類に問題がないことを確認するようにしてください。

午前中にネットで申込む(申込方法の注意点)

お金借りる,おすすめ,ランキング

即日融資を希望している場合は、申込手続がスピーディーに完結する「インターネット申込み」を選ぶようにします。
インターネット以外の手段で申し込んでしまうと、審査開始までに時間がかかってしまったり、書類の郵送が必要になる場合もあります。

 

携帯電話やスマートフォン、タブレット端末などで消費者金融に申し込めますので、必ず公式サイトのホームページから申込手続をするのがポイントとなります。

 

公式サイトでの申込受付は24時間365日となっています。
しかしカードローンの審査は24時間いつでも行われているわけではありません。

 

真夜中から早朝にかけては審査が行われてはいないことに注意してください。
即日お金を借りる必要がある場合は、午前中などできるだけ早めに申込みを完結するのがおすすめです。

自動契約機(無人契約機)を利用する(ローンカードの受取方法)

お金借りる,おすすめ,ランキング

消費者金融の公式サイトからの申込みが完了すると、早ければ約30分で審査結果の回答の連絡があります。

 

審査結果の連絡を受けた後はお金借りる手続きになります。
しかし振込キャッシングでの即日融資は、曜日や時間帯によっては不可能の場合もあります。
そのようなときは、消費者金融のローンカードを受取り、そのカードを利用して即日融資を目指すことになります。

 

消費者金融のローンカードは、最寄の「自動契約機」で受け取れるようになっています。
つまりインターネットから申込み後に近くの自動契約機でカードを受け取れば、夕方以降(夜間)でも即日融資が不可能ではないというわけです。

 

大手の消費者金融のローンカードは、セブンイレブンやファミリーマート、ローソンなどの大手コンビニエンスストアのATMと提携しています。
受け取ったカードをコンビニATMに挿入すれば、そこで、お金が受け取れる仕組みです。

50万円以下の限度額で申込む

お金借りる,おすすめ,ランキング

即日お金借りる必要があるときは、なるべく希望額を50万円以下に抑えるようにしてください。
50万円超の希望額でも即日融資ができないわけではありませんが、場合により審査結果の回答までに時間を要することがあるからです。

 

50万円を超える希望額の場合は、収入証明書も必要になります。
そのため申込手続開始までに時間がかかるのも事実です。

 

カードローンの利用中にカードの限度額をあげることもできます。
まずは、50万円以下の限度額でカードを作ることを目標に行動してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめ消費者金融ランキング

>>おすすめ消費者金融ランキングはこちらから<<

消費者金融なら【平日15時】過ぎてもお金借りる方法がある!

お金借りる,おすすめ,ランキング

銀行の窓口は、平日の15時を過ぎてしまうと振込みができなくなります。
自分の口座にお金を振り込んでもらうことができず、即日融資も当然できません。

 

しかし消費者金融のカードローンなら、平日15時過ぎに申込みをしても当日中の現金受取りが可能となる場合が多くなります。


消費者金融にはローン申込み機(自動契約機)が用意されている!

お金借りる,おすすめ,ランキング

大手の消費者金融には、自動契約機という設備が用意されているのがほとんどです。
自動契約機は、名前のとおり「自動で契約手続きが可能な機械」のことですが、ローンカードの受取りのためだけに利用することも可能です。

 

つまり消費者金融の申込みは下記の1~2の流れで申込手続を進めます。

  1. ホームページから申し込み
  2. 自動契約機でローンカードを受取る

この方法で消費者金融に申込みをすると、ローンカードの受取りが15時過ぎになってしまったとしても、即日融資が可能になります

 

大手消費者金融のローンカードは、全国のコンビニエンスストア(セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなど)と提携しています。
受け取ったカードをコンビニに持参すれば、コンビニATMを利用してお金の受取り(借入れ)ができる仕組みとなっています。
すでに15時過ぎになっている場合でも、「自動契約機でカード発行」を選ぶことで、当日中の融資が受けられる可能性が高くなるということです。

 

自動契約機にも営業時間があります!

お金借りる,おすすめ,ランキング

自動契約機を利用すると、夕方以降の申込みでも即日融資が可能になることが多くなります。

 

ただし、全国各地に設置されている自動契約機には、それぞれ営業時間が決められています。
夜21時~22時くらいまでの営業というケースが多いですが、「真夜中の即日融資は不可能」という点だけは気をつける必要があります。

 

15時以降のお金の受取りも不可能ではありませんが、少しでも早めに申込みを済ませ、当日中のカード受取りを目指すようにしてください。

 

おすすめ消費者金融ランキング

>>おすすめ消費者金融ランキングはこちらから<<

消費者金融で【内緒】にお金借りる方法

消費者金融ランキング

消費者金融で即日お金借りる方法の中に、誰にも知られずにお金を借りる
WEB完結申し込みの方法があります。

 

WEB完結申し込みを行えば、下記のメリットがあります。

1.職場への電話連絡無し上司や同僚にキャッシングしているのがバレません!
2.自宅への郵便物無し家族に消費者金融を利用しているのが知られる心配なし!
3.カードレスなので紛失の心配も無い家族にキャッシングカードを見られる心配も無い!

 

申し込みから借入、借り入れまで全てネット内で行えてしまうのが、WEB完結申し込みです。
しかし、WEB完結ができるためには、いろんな条件をクリアしていなければいけません。

 

WEB完結申し込みに必要な条件

WEB完結申し込みに必要な条件は、主に下記の2点です。

 

1.提携の銀行口座を持っていること
2.社会保険証や組合証などをもっていること

 

WEB完結の申し込みは、名前や生年月日やメールアドレス、携帯電話番号などを入力し送信します。
送信すると仮審査が始まり、仮審査の通過後に必要書類の提出します。

 

必要書類は、スマホやデジカメで書類にとって送信します。
コピーして郵送する必要がないので、すごく楽です。

 

しばらく待っていると審査結果メールが届くので、審査結果を確認します。

即日お金を借りたい時は、申し込み時間に注意

その時に審査が通過していたら、そのままネットで入会手続きが行えるので非常に便利です。
入会手続きが完了すれば、すぐにお金を借りることができるようになります。

 

即日お金借りる場合は、申し込んだ後にスタッフに電話した方が良いです。
スタッフが審査結果を伝え、すぐに会員登録してくれ、そのままが指定口座に指定金額を振り込んでくれるのでとても助かります。

 

即日お金借りる場合は、審査通過後の振り込み手続きを遅くとも14時50分までに完了しておかなければいけません。

 

消費者金融は、銀行などに比べると審査が早いので、即日融資をうけやすいのが特徴です。
即日融資を受ける場合は、できれば午前中に申し込む方がいいでしょう。

 

おすすめ消費者金融ランキング

>>おすすめ消費者金融ランキングはこちらから<<

消費者金融で【土日】でも即日にお金借りる方法

消費者金融ランキング

消費者金融を使えば土日祝にお金が不足してしまったときでも、また平日夜に緊急性の高いお金の用立てが必要になった時にでも
随時対応してもらえて、即日お金借りることができるのでとても便利です。

 

もちろん、消費者金融の実店舗は営業時間外なので閉店しており窓口対応できない場合が多いものの、
その一方で自動契約機を使ったり、あるいは電話やインターネットを使って手軽に申し込むやり方もあるので、
自分のライフスタイルにあわせて気軽に申し込むことが可能です。

 

とりわけ、最近ではスマートフォンやパソコンを使ったネット申請の利用者が急増しています。
これを使えば平日夜や土日に申し込むのも簡単で、申請フォームに必要事項を記載して送信するだけで
後は消費者金融側の審査が終わるのを待てば良いだけなので手間もかかりません。

 

自動契約機を利用すれば土日祝でもお金を借りられる!

深夜でも朝方でも利用者の都合に合わせて申し込みが行えるネット申請ですが、ただし営業時間外の審査は
限られたスタッフでの対応となることから所要時間が多少かかる場合もあるので、その点、少しだけ余裕を見て
申請するのが良いでしょう。

 

他にも事前にカードローンの契約を済ませて個人専用カードを保持していれば、
土日でも平日夜でもお金の必要時に近くのATMへと駆けつければ即日お金借りることができます。
特に最近ではコンビニチェーンと提携しているカードローンもありますので、こちらの方法もお薦めです。

 

おすすめ消費者金融ランキング

>>おすすめ消費者金融ランキングはこちらから<<

消費者金融の【最低返済額】でお金借りるメリット・デメリット

お金借りる,おすすめ,ランキング

消費者金融の返済額は、「毎月○○円」と決まっているのではなく、「最低返済額○○円」となっています。最低返済額のことを「約定返済額」という言い方もしますが、簡単にいうと「最低限、返済しなければならない金額」のことです。
ではこの最低返済額の点で、消費者金融でお金借りるメリットとデメリットを見ていきましょう。

最低返済額でお金借りるメリット

最低返済額でお金を借りるメリットは、やはり返済が楽になることです。
お金に余裕がなくなり、消費者金融からの借入れを決める人がほとんどですので、家計の負担が少ないのがメリットといえます。

 

一般的な消費者金融のカードローンでは、10万円借入れした場合の最低返済額は3,000円~5,000円程度となっています。
毎月3,000円~5,000円なら、家計に大きな負担がないと思うのではないでしょうか。

最低返済額でお金借りるデメリット

最低返済額でお金借りるメリットに「家計の負担が少ない」と上記で説明しました。
しかし実は最低返済額での返済は、結果として家計に大きな負担がかかることがあります。

 

消費者金融の金利は、自動車ローンや教育ローンなどと比べると金利が高めに設定されています。
最低返済額での返済は、毎月の返済額が少ない分だけ返済期間が長くなってしまいます。
借金の元本(借入残高)が減少するケースも遅くなりますので、借金の返済期間が長くなりすぎないように気をつける必要があります。

 

最低返済額でお金借りた場合のシミュレーション

最低返済額で消費者金融からお金借りた場合をシミュレーションしてみます。
ここでは、消費者金融から借入れした金額が10万円、金利が年率18.0%、最低返済額を4,000円で計算してみます。

 

実際にパソコンでシミュレーションをしてみると、毎月4,000円の返済額では、

  • 返済期間:32ヶ月
  • 返済額の合計:126,260円
  • 利息発生額:26,260円

という結果になります。

 

毎月の返済額を4,000円から1万円に増やすと、返済期間が11ヶ月、利息の発生額が9,158円にまで減らすことができます
消費者金融のホームページには、このような計算ができるシミュレーションがありますので、十分に返済計画を考えることも重要です。

 

おすすめ消費者金融ランキング

>>おすすめ消費者金融ランキングはこちらから<<

 

業界初!カードレスで借入できるモビット【スマホATM取引】サービスとは

ITキャッシングの先駆け的存在として知られているモビットが、2017年5月から業界初【スマホATM取引】サービスを導入しました。
キャッシング業界でも話題になっているスマホATM取引サービスとは一体どのようなものなのでしょうか?
ここではモビットのスマホキャッシングサービスの詳細をお伝えします。

スマホがあればいつでもどこでも借り入れ可能

モビット「スマホATM取引」

モビットが5月から開始をしたスマホ専用キャッシングサービス【スマホATM取引】は、スマホがあれば全国のセブン銀行ATMからいつでもお金を借りられるサービスになります。

 

モビットでは今までもカード不要で借り入れができるサービスをおこなっていましたが、従来の場合は銀行口座にお金が振り込まれるシステムだったため、実際に現金を手に入れるまでのタイムロスがデメリットでした。
今回の【スマホATM取引】では、ATMスマホさえあれば、必要な時にいつでも現金を手に入れることができるサービスになっています。

 

スマホATM取引のメリット

24時間いつでもキャッシングが可能!

従来のカードキャッシングでは、提携している銀行ATMの営業時間によっては引き落とせない時間帯があったり、また、カードなしの振り込み型融資の場合でも9時から15時の間しか取引ができなかったりということがありました。

 

今回の【スマホATM取引】サービスが開始されたことにより、全国のセブン銀行であれば、365日24時間いつでも必要な時に借り入れができるので、急な出費を要する際にも安心です。

 

カードがないから借金をしていることもバレにくい!

キャッシングをしていると心配になるのが周囲の目だと思います。
財布に何気なく入れているローン用のカードは意外と他人に見られてしまうこともあり、油断をしているとキャッシングをしていることがバレてしまうこともあります。

 

でも、スマホ1台で借り入れができる今回の【スマホATM取引】サービスなら、カードを見られる心配もなく周囲に知られる心配もありません。
またカードキャッシングでは契約後にカードの郵送があるため、同居人に知られてしまう危険もありますが、【スマホATM取引】ではカードの郵送なども一切ないため安心です。

 

スマホATM取引のまとめ
  1. 業界初! カード不要! スマートフォンで ATM 入出金可能 (モビット公式スマートフォンアプリのダウンロードが必要です)
  2. 全国に 23,000台以上ある全てのセブン銀行 ATM で利用可能
  3. IC カード利用時と同水準の高いセキュリティ
  4. iOS、Android の両 OS に対応、ほぼ全てのスマートフォンに対応

スマホATM取引の使い方

申し込みはWEBだから簡単便利!

モビットの「スマホATM取引」の申し込みはWEB完結申込システムを利用しておこなえます。
このシステムを利用すれば、24時間いつでもWEBで審査と申し込みが可能になり、審査が通ったあとは、会員専用アプリをダウンロードすれば即日でキャッシングが可能です。

 

気になる審査内容について

三井住友銀行グループであるモビットは、信頼ができるローン会社として知られています。
しかしその分、借り入れ時の審査が厳しいのではないか?と懸念する人もいます。
しかし、実際には審査内容も非常に簡潔でわかりやすいと評判です。

 

モビットの申込み方法は2種類あります!
簡潔に急いで申込みしたい人向けの「10秒簡易審査」申込みサービス
誰にもバレずに内緒でキャッシングしたい人向けの「WEB完結申込」サービス

 

特に「WEB完結申込」サービスの条件は、「三井住友銀行または三菱UFJ銀行の口座を持っていること」、「全国健康保険協会が発行している保険証」を持っていることの2点です。

 

逆に言えばこの2点さえクリアしていれば、キャッシングしていることがバレにくい【WEB完結申込】から、出金していることもバレにくい【スマホATM取引】を利用できるようになります。
ただし、ブラックリスク対象者や収入証明書類(源泉徴収票や税額通知書など)の提出ができない場合には、審査が通らないこともありますのでご注意ください。

 

【スマホATM取引】で出金をする場合の手順

モビット「スマホATM取引」

  1. スマホからモビット公式アプリを起動しログイン (スマホに公式アプリをインストールしておく必要があります)
  2. モビット公式アプリから「出金」を選択
  3. この時点でカメラが自動起動
  4. ATM操作を開始し画面に出てきたQRコードを起動したカメラで読み取る
  5. スマホに表示された企業番号と暗証番号を入力し紙幣を受け取る

※2017年春現在、セブン銀行のATMのみが対象となります。

おすすめ消費者金融ランキング

>>おすすめ消費者金融ランキングはこちらから<<

銀行カードローンの金利と審査の関係とは?

一般に銀行カードローンの金利は、消費者金融の金利よりも低金利だと言われます。
カードローンの金利負担は、低金利であるほど少なくなりますので、「銀行カードローンの方が負担が軽い」ということができます。

 

消費者金融と銀行カードローンの金利比較

お金借りる,おすすめ,ランキング

たとえば、年率18.0%の消費者金融と年率15.0%の銀行カードローンがあるとします。

 

カードの金利計算(利息の計算)は、「利息=借入残高×カードローン金利×利用日数÷365日」で計算しますので、借入残高が10万円の場合の30日分の利息発生額について計算してみます。

 

年率18.0%の消費者金融:10万円×0.180×30日÷365日=1,479円

年率15.0%の銀行カードローン:10万円×0.150×30日÷365日=1,232円

 

上の計算結果を見て分かるとおり、金利が少ない銀行カードローンの方が、発生する利息が少なくなります。
短期間での返済で大きな違いとなることは少ないですが、長期間にわたるローンを組む場合は銀行カードローンが有利であることは確かだと思います。

カードローン金利と審査の難易度について

お金借りる,おすすめ,ランキング

お金を借りるときに「低金利の銀行カードローンが有利」であるのはもちろんです。
とは言っても、そもそも審査に通らなければ、低金利でも意味がありません。

 

低金利の銀行カードローンの審査が難しいといわれているのは、低金利であるほど「少ない利益の中でサービスを提供しなければならない」という事情があるからです。

 

金利が高ければ幅広い属性の人に対して融資ができるものの、低金利のカードローンの場合は、損失を回避するため「誰にでもお金を貸せるわけではない」という事情があります。

  • 年収や勤続年数が極端に少ない場合
  • すでに多額の借入れ残高がある場合

などは、「とにかく低金利で・・・」という視点だけではなく、審査にとおるかどうかという点も考慮する必要があります。

銀行カードローン審査通過の年収の目安について

お金借りる,おすすめ,ランキング

カードローンの審査基準については、どの金融機関も一般に公開することはありません。
こういった情報はすべて、極秘情報として取り扱われています。

 

つまり低金利の銀行カードローン審査に通るかどうかは、審査を受けてみなければ分からないというのが実情になります。

 

しかし、現在の銀行カードローンの一部では、審査の申込条件に

  • 年収150万円以上
  • 年収200万円以上

といった記述がある場合があります。

 

インターネット上の一部の情報で、銀行カードローンの審査通過に「年収200万円は必要」といった記述があります。
これも銀行カードローンの申込条件がある場合があり、それを参考にしているものと思われます。

 

逆に考えると、年収200万円以上ある場合なら特別な事情(延滞や債務整理)がなければ、銀行カードローンの審査にとおる見込みがあるということです。
年収○○万円以上あれば必ず審査にとおる、と断言することはできませんが、自分の感覚で審査にとおるかどうかを判断するようにしてください。

無職でも消費者金融でお金を借りることはできるの?

消費者金融ランキング

結論から言えば無職で即日にお金借りる方法は絶望的です。

 

基本的にお金を借り入れする場合には消費者金融などの貸金業者か銀行が一般的ですが、
2010年6月18日に施行された貸金業者の総量規制という決まりで
貸金業者からは年収の3/1以上の借り入れを行えないという決まりができました。

 

それまでは無職であっても不動産や車を担保にすることにより即日お金借りる方法があったものの、
現在では法律によって規制されているため不可能です。

 

銀行カードローンの審査は厳しい!

銀行では理論上可能であるものの、消費者金融より審査が難しい銀行で
無職の方が審査に受かる確率は限りなくゼロに近いです。

 

一応、ヤミ金などの違法業者を経由することで借りることは可能なのですが、それでは問題が多過ぎます。、そもそもお金を融資する業者の審査では何よりも安定収入があるかどうかが最も重要視されます。

 

安定した収入を得ていない人にお金を貸して帰ってこない場合には貸した側は丸々損してしまうことになるので、
たとえヤミ金であっても収入や担保がない限りはお金を貸すことがありません。

 

また、生活保護等の収入は生活するために最低限必要なお金とみなされるため安定した収入とはみなされません。
ただし、ヤミ金などからはお金を借りられる可能性が出てきますので注意願います。

 

カードローンでキャシングする時の注意事項

カードローンの利用条件は基本的には使途自由ですが、いくつか禁止されている事例がありますので注意願います。

利用用途で事業性資金目的はNG

まず利用方法、または利用目的として事業性資金としてのお金を銀行カードローンから借り入れることはできません。
これは消費者金融でも同様です。

 

つまり、申し込みの際に使用用途を記入する欄があったとしても、事業性資金以外のことを記載しなければ
即日にお金借りることはできないでしょう。

 

借入をカバーするための新規借り入れもNG

またそれ以外でも、利用方法として返済のための借入れをすることは法的な理由でできません。
もしも、そういった利用方法で借り入れたいということであれば、おまとめローンの検討をした方が良いです。
むしろその方が実際に現実的な対応になります。
おまとめローンの検討をする時は金利の安い銀行カードローンのフリーローンが参考になります。

 

上記の2点以外でも、申し込みの際の記載には、信頼できる内容を書くように心がけるべきです。
法的にはなんら問題がないとしても、審査では人間性もひとつの判断基準になります。

 

即日に借入れをする場合は、確実に審査に通過する必要があります。
審査は一度きりなので、上記のポイントを抑えて申し込みをしましょう。

 

お金借りる前に覚えて置かなければならない金融法令

おすすめ消費者金融ランキング

お金借りる前に押さえて置かなければならない法律に総量規制があります。
総量規制は平成22年6月に完全施行された個人がお金を借りる時の法律である賃金業法の改正の中の1つの法令です。

 

賃金業法の改正とは

賃金業法とは、それまで個人がお金を借り過ぎてしまい破産や夜逃げなど
返済できなくなってしまう事態を無くすために制定された個人がお金を借りる時に関する法律です。

 

賃金業法の改正によって今まであった「グレーゾーン金利」も撤廃され上限金利は20%に引き下げられています。

 

他にもお金を借りる時には「収入証明書の提出の義務」であったり
内閣総理大臣が指定する信用情報機関への登録も義務付けられています。

 

賃金業法の改正の目的は、「借り過ぎを防止する」法律であり借入金の限度額を制限しています。
その借入金を制限する法律の1つに「総量規制」があります。
賃金業法の改正の詳細は日本賃金業協会HPが参考になります。

 

総量規制とは

総量規制とは、返済できなくなるまで借りてしまう多重債務の問題を無くすために制定された法律です。

個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される。
(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

総量規制によって年収の1/3以上は借り入れできなくなりました。
特に専業主婦の方は収入が無いので、消費者金融で借入することはできません。
(配偶者の方の同意が証明できれば、借りられる可能性はあります。)

 

借入金額の総額は個人信用情報機関でしっかり管理されているので、
違う消費者金融で借りれば大丈夫といった甘い考えは通用しません。
消費者金融だけでなくクレジットカードでの利用額も借入金額の総額に加算されるので注意が必要です。

 

ただし総量規制が適用されるのは消費者金融になります。
銀行カードローンは銀行法が適用されるので、総量規制の適用外になります。
ただし、銀行法の銀行カードローンの方がもっと審査項目は多く厳しいのが現実です。

 

総量規制の詳細は日本賃金業協会の総量規制ページが参考になります。

 

おすすめ消費者金融ランキング

>>おすすめ消費者金融ランキングはこちらから<<