総量規制対象外の銀行カードローンで即日にお金借りる審査対応

MENU

総量規制対象外なら銀行カードローン

銀行や消費者金融などお金が必要になった場合に貸してくれる金融機関は多くありますが、
銀行で言えば都市銀行や地方銀行、消費者金融で言えば大手消費者金融や地域密着型の消費者金融などがあります。

 

お金が必要になった場合に自分の持っている資金でやりくりすることができれば望ましいですが、
ギリギリの生活の中で十分に貯金をすることができてない人も少なくありません。

 

また、知人からお金を借りるという選択肢もありますが、身内でも借金はトラブルの元凶になる可能性が十分にあるので
きちんと金融機関として登録を受けている銀行や消費者金融から借りることが
トラブル回避の意味も含めて望ましいと言えます。

 

銀行カードローンとは?

総量規制対象外の銀行カードローンで即日にお金借りる審査と方法

最近はカードローンという便利なローンが普及していることもあって以前に比べて
お金が必要になった場合でも安心して必要な金額だけを借りることができるようになりました。

 

特に銀行のカードローン総量規制対象外で借りることができるため、
お金を借りる際に収入から考えて借りる金額が多いような場合でも
所定の条件を満たしていれば借りることもできます。

 

総量規制は比較的新しい金融機関に関連する法律で、
これによって必要以上に借りてしまうリスクが小さくなったものの
違法なルートから借りて借金地獄に陥るような人も実際に出ています。

 

総量規制対象外で借りても十分にカードローンで借りたお金を返済することができる人はいるので、
柔軟性を持って対応してもらえる銀行のカードローンを利用するメリットは利用価値が高いと言えます。

 

ただし、銀行で利用することができるカードローンだからといって極端に金利が低いことはなく
総量規制対象外で借りたお金の返済が長期にわたる場合は金利の支払いが増えて完済になかなか届かないようなこともあります。
カードローンでお金を借りる場合は目的を明確にして必要以上に借りないように計画性を持つことが大切で、
借りたお金が返せないという状況にならないように注意が必要です。

総量規制対象外なら銀行カードローンのサービスが行き届いているランキング

低金利で高額融資も可能!
金利は4.0%~14.5%、利用限度額は800万円と余裕があります!
極度額300万円以内なら収入証明書の提出も不要!
審査時間は最短30分!
銀行カードローンとは思えない迅速なスピードです。
最短即日融資にも対応
三井住友銀行のローン契約機プロミスの自動契約機も利用できて
申し込み場所が多い!利用時間も長くて便利!!

みずほ銀行カードローン

「コンフォートプラン」「エグゼクティブプラン」の2つのプランを用意!
●金利 :年3.0%~7.0% [エグゼクティブプラン]
●利用限度額 :200万円~1,000万円 [エグゼクティブプラン]
最短即日融資・最短即日審査にも対応
WEB完結申し込みも利用できます!
※プランは審査の結果によって決定させていただきます。
(お客さまご自身でお選びいただくことはできません)

みずほ銀行カードローン

総量規制とは!

金融機関からお金を借りようとする場合に審査を必ず受けることになり、審査にクリアすることによってお金を借りることができるものの、
審査にクリアできなかった場合は新たにお金を借りることができません

 

審査の対象となるのが年収年齢などですが、目的に沿ったローンが用意されている場合は
そのローンを利用することで高額な借り入れが可能な場合もあります。

 

しかし、目的に沿ったローンがない場合はカードローンのように自由な目的で利用することができるローンを利用するのが
一般的となりますが、自由性に優れている一方で賃金業者のカードローンだと総量規制のルールが適用されます。

総量規制とは何なのか?

総量規制対象外の銀行カードローンで即日にお金借りる審査と方法

総量規制は年収の3分の1以上を超えて新しく借りることができないというルールですが、
銀行の場合は総量規制対象外で新たに借りられます。

 

総量規制対象外で借りたい場合はそれに対応した金融機関を探して
カードローンの申し込みをする必要がありますが、
身近な金融機関だと地方銀行や都市銀行が提供するローンの利用が中心になります。

 

消費者金融やクレジットカード会社が提供するローンだと年収制限がかかるため、
目的を達するだけのお金を借りることができない可能性もあるので注意が必要です。

 

また年収が多くても他に借り入れがある場合はそれも合算されての計算になるので、
最終的には総量規制の対象外で借りることができず、他の金融機関を探してローンの申し込みをすることになるので注意が必要です。

総量規制ができた背景

総量規制対象外の銀行カードローンで即日にお金借りる審査と方法

銀行では総量規制対象外でカードローンの利用ができる場合もありますが、
それ以外の金融機関で新しくお金の借り入れをしようとする場合は
総量規制対象外にならず借りることができないケースもあります。

 

カードローンのビフォーアフター

過去の上限額

一昔前までは年収によって借りることができる上限金額は法的に決まってなかったので
正規の消費者金融やクレジットカード会社でも会社によっては
年収かそれ以上のお金を貸しているようなところもありました。

 

しかし、年収を超えて借りるようになると自分自身の返済能力を超えることになるため
自分の力で借金を返済することができなくなり、
他の金融機関から新しくお金を借りることによって多重債務になる人が増えました

 

過去の金利

また、この頃はカードローンの金利も法外だったので一生懸命お金を返していても
元金はまったく減らず借金だけが増えるという負の循環になってしまうことも少なくありませんでした。
返すことができなくなった人は蒸発することや犯罪に手を染めるという末路を辿ることも少なくなかったので、
こうした状態を改善させるために法的な手法を用いて総量規制というルールを用いることになりました。

 

銀行は総量規制対象外

銀行は元々きちんとした貸し出しをしていたので総量規制対象外になったわけですが、
それでも借りることができる金額については総量規制のルールに準じることが多いのも特徴です。
また、借りる必要があるお金を借りることができないという理由から
闇金融に手を染めてしまう人が増えるという新たな問題も勃発しています。

 

総量規制対象外なら銀行カードローンのサービスが行き届いているランキングはコチラから

法的に総量規制対象外でお金を借りることができる?

金融機関が提供するカードローンを利用する場合にほとんどの金融機関は審査を行って
借りることができる条件を満たしているか判断をして、条件を満たしている場合に上限借り入れ金額を設けてカードローンの利用を認めます。
その際に年収の3分の1を超えてお金を貸したらいけないというのは法的に決められていることなので、
お金を借りようとする側も貸す側もこのルールに従ってお金の借り入れをしなければなりません。

 

法的に総量規制対象外を超えての貸し出しや借り入れは違法になるので罰せられる対象になりますが、
これが銀行の場合だと法的に総量規制対象外で借りることができるため
端的なことを言うと年収と同じ金額を借りても法的に問題ではありません。

 

銀行が総量規制対象外の理由

総量規制対象外の銀行カードローンで即日にお金借りる審査と方法

なぜ、銀行は総量規制対象外になっているのかという疑問がここで一つ浮かんでくると思いますが、
銀行は金融機関としての性質上、利用している人の普通預金を預かる立場でもあり、
そのお金を運用することで収益を出している側面もあります。

 

人から預かったお金を運用してその一部はカードローンで貸し出すお金に回るわけですが、
貸したお金が戻ってこないと言う状況になることは消費者金融以上にダメージが大きいので
そもそもの借り入れ金額が総量規制の範囲内になることがほとんどです。

 

銀行で年収の3分の1を超えてカードローンでお金を借りることは法的に問題ないのですが、
実際に借りることができる金額は他の金融機関と同じくらいの範囲になることもあります。

総量規制対象外と金融機関の法律との関係

総量規制対象外の銀行カードローンで即日にお金借りる審査と方法

銀行だけ総量規制対象外でカードローンの利用をすることができることに疑問を感じる人は少なくないと思います。
これは法律によって特別に銀行が総量規制対象外で
カードローンのサービスを提供することが認められているのではなく、考え方としては
消費者金融や信販会社が総量規制の対象になっているという表現の方が正しくなります。

 

消費者金融や信販会社は賃金業法という法律によって運営がされており
総量規制のルールは賃金業者に対して定められているものであり、
銀行は銀行法によってルールが決められているので対象外になるわけです。

 

したがって、借りたい金額が年収の3分の1を超えている場合にカードローンの利用を検討している場合は
銀行を中心にカードローンの利用をすることができるところを探す人が多くなります。

 

銀行は審査が厳しいが柔軟な対応も可能

総量規制対象外の銀行カードローンで即日にお金借りる審査と方法

銀行は審査が厳しい特徴があるのでいくら年収による借り入れの制限がないからといっても
実際に借りることができる金額は消費者金融や信販会社と同程度かそれ以下になることも少なくありません。

 

しかし、状況によっては年収の3分の1を超えて新たにお金の借り入れができるケースもあるので
柔軟に対応してもらえる可能性という点で考えると
銀行を選んで申し込みすることがおすすめです。

 

また他の金融機関のカードローンやキャッシングを利用している場合は借り入れ金額が考慮された上での審査になるので
実際に借りることができる金額はさらに下がってしまう可能性もあります。

 

総量規制対象外なら銀行カードローンのサービスが行き届いているランキングはコチラから

[総量規制対象外なら銀行カードローンで即日にお金借りる]関連情報